お知らせ

届出済未使用車・新車専門店

欲しいクルマがパッ!と
買える。
お知らせ

  • 2021.11.01

    埼玉で激安の新古車を買うなら?おすすめの軽自動車と車選びの方法を解説

    いま、中古車の販売価格が上がっています。
    安くてお得な車を手に入れるには、どうすればいいのでしょうか。
    ここでは、2021年の自動車業界の事情から見える市場の動向や、中古車よりお得な新古車(未使用車)のおすすめ車種、さらに中古車選びのポイントなどについて解説していきます。
     

    自動車業界は半導体不足で新車の納車が遅れている

    ニュースなどでご覧になった方も多いと思いますが、現在、半導体不足の影響で新車の生産台数が減っており、これにともなって新車の納車が遅れている状態となっています。
    通常なら納車まで1ヶ月ほどですが、現在では2~3ヶ月は待つ状態になっています。
    車種によっては、5ヶ月先の納車というケースもあります。

    すぐにでも車が欲しいという方にとって、新車購入は厳しい状況といわざるを得ません。

    そして、その影響は中古車市場にも出てきています。
    新車を検討していた方が、中古車購入へとシフトしてきたため、中古車の需要が高まっているのです。
    これによって、中古車全体の相場が10~20万円ほど上がってきている印象を受けます。

    このぐらい中古車の価格がアップすると、中古車と新古車の価格差が小さくなります。
    新古車は比較的、半導体不足などの影響を受けにくいため、仕入先にもよりますが、ディーラーから直接仕入れることが多く、仕入れ価格も決まっています。
    つまり、新古車として販売する価格はこれまでと変わりがないのです。
    ちなみに、オークションなどで仕入れる場合は、現在の状況に影響を受けるために価格はアップすることが多くなります。

    ただ、こうした自動車業界の状況は新古車にも今後、影響があるかもしれません。
    特に、車種によっては品薄が懸念され、たとえば軽自動車のバンなど圧倒的に需要の高い車種は納車まで時間がかかるケースも考えられます。
     

    いまお買い得な軽自動車の新古車は?

    それでは、2021年現在、お買い得な軽自動車の新古車をご紹介します。
     

    スズキ「アルト」

    img04
    まず、新古車でお買い得な軽自動車として、スズキ「アルト」が挙げられます。
    いわゆるセダンタイプの軽自動車で、新車の販売価格が安いため、新古車ではお買い得となっています。
    ちなみにパッカーズでは、1年落ちの走行距離2,000km程度のアルトの新古車で49万8,000円となっています。

    なお、アルトには通常のモデルと「アルトラパン」というモデルがあります。
    アルトラパンは、見た目が可愛く若い女性からの需要が高いため、新古車の価格も高めです。
    中古車でも欲しいというリクエストが多く、先日もお客様より「100万円以内で、5年落ち走行距離5万kmぐらいの車」とおっしゃられましたが、その条件に合う車を見つけるのは難しい状況です。
    アルトラパンは、中古車でも130万円ほどが相場となっています。
     

    スズキ「ワゴンR」

    fz_ZVC
    非常にコストパフォーマンスが高く、ワゴンタイプの車種でおすすめなのがスズキ「ワゴンR」です。
    燃費がよく、軽自動車としては高水準の安全性能「スズキセーフティーサポート」が搭載されています。
    パッカーズでは、1年落ち走行距離3,000kmの車で989,000円で販売しています。
     

    日産「ルークス」

    roox
    スライドドア搭載タイプの軽自動車でおすすめなのが、日産「ルークス」です。
    すでに生産終了していますが、スタイリッシュなデザインで安全機能も標準搭載。しかもスライドドア搭載と利便性も高いのが特徴です。

    ホンダN・BOX、ダイハツタントと比較しますと、知名度・ブランド性は高くないですが、安くてスライドドアの利便性があるデイズルークスをおすすめします。

    パッカーズでは新古車(未使用者)で、1,168,000円で販売しています。
     

    中古車選びのポイントは?

    実際に中古車を購入する際、どのポイントに注目して車選びをすればいいのでしょうか。

    自動車販売のプロから見て、おすすめしない中古車は以下のようなポイントになります。
     

    修復歴のある車

    修復歴とは、事故などで車体の骨格部分(フレームなど)を修理した場合に表記が義務付けられている修理の履歴のことです。
    こうした修復歴がある車の場合、外観がキレイだとしても車体内部にダメージを受けている場合が多いため、使用していくうちに不具合が出る可能性が高くなります。

    修復歴のある中古車は安く販売されているため、魅力的に感じるかもしれませんが、後々に不具合が出る可能性が高く、下取りの価格も安くなってしまうため、おすすめしません。
     

    走行距離が5万kmを超えている車

    いまの車は、確かに10万kmを超えても十分に乗ることができますが、中古車はそれまでどのような使い方をされていたかわからないケースが多いのが実際のところです。
    たとえば、オイル交換など定期的なメンテナンスがまったく実施されていないといったこともありえます。
    そういった中古車を選んでしまうと、当然ですが使用できる期間は短くなってしまいます。

    そのため、目安として5万kmを超える車はおすすめしていません。

    ただ、中古車の整備状況を一般の方が把握するのは、かなり難しいものです。
    特に大手中古車販売店ですと、全国からたくさんの中古車が集まってきます。
    そのため、すべての中古車がどんな使われ方をしてきたか判断するのは不可能に近いといえます。

    パッカーズでは、お客様からの下取り車が多いため、整備履歴などをきっちりと追うことができます。
    中古車を選ぶ際に重要なのは、いかにきちんとメンテナンスが行われてきたかになるのです。
     

    軽自動車の激安新古車ならパッカーズにお任せください!

    埼玉県所沢市のパッカーズでは、お買い得な激安の新古車や中古車を豊富に取り揃えています。

    扱っているすべての車に、「状態表」という年式や走行距離、どこに傷があるかといった車の状態を記したものを付けています。

    パッカーズでは、お客様に安心して車を購入していただくために、その車がどんな使われ方をしてきて、メンテナンスはどのように行われてきたかという情報を、すべてお伝えしています。

    埼玉県内で状態のいい新古車、中古車が欲しいという方は、お気軽にパッカーズまでご相談ください!

    さっそくパッカーズの新古車を見てみたい方はこちら

お客様に
安心してカーライフを
楽しんでいただくために。
もしもの時に、
すぐにお役に立てるために。